北九州でバドミントンのできる場所をお探しの方へ | NPO法人 TOTOS北九州

 

バドミントン 北九州 TOTOS北九州のブログ

第8回バドミントン一人旅in五島(福江島・奈留島)

第8回目は五島市が舞台!

沢山のバドミントンプレーヤーさんと交流させて頂きました。

今回の旅の舞台が決まったのは4月のことでした。
長崎県のスポーツコミッションという県の団体様から

【よかったら長崎で合宿をしてみませんか?】

というお誘いを頂いたのです。担当の古川さんはわざわざTOTOS事務局まで来て頂いて長崎で合宿をするメリットなどを丁寧に説明してくださいました。

土居の一人旅を兼ねて行うなら離島の五島市がベストということになって、五島市役所の方とのやり取りもしていきながら準備が始まりました。
まずは単独で土居が一人で五島市に行き各バドミントン団体や部活等と交流を図りながら来年度以降に合宿を行えるのか、そんな話から旅の舞台が決まりました。

まずはこの旅でお伺いした学校や団体さんとの交流内容をお伝えしていきます。

8/16玉之浦中学校
福江島の五島市街地から車で40分弱と少し離れた地域にある玉之浦中学校。

12名の全校生徒中女子は3名=全員バドミントン部、そして残りの男子全員はソフトテニス部で完全に分業?スタイルとなってます。
顧問の先生も生徒と一緒に練習に交じってアットホームな雰囲気かつけじめを持って真意に取り組んでいる、といった印象でした。

なんだか、一人旅第2回目の東京・式根島中学校を思い出します。


一人旅も8回目となると過去の回想、旅あるある等が出てくるから面白いものです。

福本さん・石田さん・藤井さん 今どうしてるかな・・・。

玉之浦中学校では普段の部活練習を土居も一緒に参加しながらアドバイス出しをしていきました。

バドミントン練習では珍しいマット運動。

もういつ以来していないだろう、前転や後転はリアルにスリルを感じました。

【今まで自分のプレーを見たことがない】という話だったので動画撮影してプレーチェックをしてもらいました。
顧問の先生を交えたダブルスゲームでは動画を確認していきながらプレーの修正を図ることができてよかったです。

部員は3名ですが新人戦のみ3名での団体戦出場がOKとのこと。

少数精鋭で新人戦での活躍を応援しております。

8/17・8/18奈留高校・奈留中学校

福江島から更に船で45分。二次離島の奈留島に行きました。

福江島に比べてバドミントン人口は少ないようですが、バドミントンが盛んにおこなわれている地域のようでジュニアクラブ・中高部活にバドミントン部があり小学校からバドミントンを続けている方や実績をお持ちの方が多い感じでした。

さらに今年度から赴任した2名の中学校顧問の先生のうち1名は元ユニシスの日本リーグ選手でレジェンド級に有名な方。奈留島はこれからの飛躍が半端ない予感がします。

ここでは初日の中高合同練習で一緒に練習に入ってノッカーや練習、試合のヒッティングパートナーをしました。

二日目は土居の主導で練習を作っていき、普段とは少し違う練習体験をしてもらいました。

そうそう、8/16昼過ぎに奈留島に到着して島内散策していたらジュニアクラブの練習やってますよって情報を頂いて市立総合体育館に行ってきたのでした。

挨拶やマナーが徹底されている奈留島のジュニアクラブ。

今年の中体連では男子複で県ベスト16に入る快挙だったとお聞きしてます。

奈留高校エースダブルス黒岩くん&田中くん
男子は総合部として軟式野球部も兼任とのことで九州大会にも出場したとのこと。
バドミントンでも強豪校打倒を目指して頑張ってるようで応援したくなっちゃいます。

女子エースの木村さん(左)城山さん(右)
練習最後にミックスダブルスをやりました。
【普段はあまりやらないのです】
と言ってたミックスダブルスは新鮮体験でとっても楽しかったご様子。
提案してよかったです(^^)

この他にもキャラの濃さが際立った奈留のバドミントンメンバーは数多くいました(笑)

滞在3日間だったのがとても淋しく思えたほどです。
また腰を据えて行きたいですね。

8/18福江中学校

部員総勢約70名という大所帯の学校。おそらく五島市内イチのマンモス学校。

土居がかすんで見えます(笑)

ここでは講習会形式で3時間練習の講師を務めました。

こんな大勢の中で講師を務めたことっていつ以来だろう。見た目は冷静を装いつつも内心アタフタしながら進行をすすめていきました。

ウォーミングアップには最近自分自身も学んだダイナミックストレッチをレクチャー

フットワークでは基本をベースにとのリクエストでステップを用いた全面6点のフットワーク練習

福江中ではノック練習をする機会が少ないとのお話だったのでノックの出し方をレクチャー

手投げノックのやり方やサーブノックのやり方を楽しくお伝えしていきました。

厳しい指導の中にも楽しく頑張っている雰囲気の福江中学校。

皆さん頑張ってください!

8/18ファミリーズ
社会人クラブにも参加することができました。
ファミリーズさん詳細
日時:毎週月・土20:00~22:00
会場:月→福江小 土→福江中
料金:400円
備考:月曜日はゲスト参加も多数とのことです。

土居が参加した土曜日は男女計10名ちょいで2面を使いダブルスゲームをランダムに入っていく流れでした。けっこう休みなくガンガン入れてもらえて後半はバテバテになりましたが楽しいダブルス、終始笑顔でプレーさせてもらいました。

体育館手前3面では五島市バドミントン協会競技部の増田さんが小中学生の教室を開催しておりました。

バドミントン始めて約半年の小学生。お姉ちゃんと一緒に楽しく打ってるひとコマを写真に。バドミントンてツールがあると姉弟ずっと仲良しなんだろうなって思います。

【また来てくださいね】
暖かいお声かけを頂きました。ファミリーズの皆さまありがとうございました。

8/19五島高校 五島海陽高校

五島高校は男子部員が中心の構成、海陽高校は女子部員3名のメンバー構成です。
ここでも講習会形式の練習を実施しました。

普段滅多に合同練習を行わないということだったので

TOTOS名物!

くじ引きでグループ分けをしてイレギュラーに練習グループを作成。
ワイワイ楽しみながらフットワークや基礎打ち、ノックを行いました。

ノックでは五島高校キャプテンのケントくんの希望で少しハード目な手投げノックをレクチャーしました。20回×20セット=1時間弱のノック。頑張ってほしいですね。

ゲーム練習では、コートマップを用いて試合をしている選手の特徴をチェックしてもらい対戦相手とのコミュニケーションを学んで頂いたりもしました。

五島のバドミントン部を回っていって地元北九州とは少し違うなって思ったのが

・中学校の部活動は専門外の先生が顧問になるのが通例
・男女別で独立した部活運営をしている傾向

地域が違えば部活のスタイルも違うのですね。勉強になりました。

今回は各学校の皆さまにノックシャトル計12箱分をプレゼント!

皆さまの活躍を陰ながら応援してます。

五島市一人旅、今回は各学校で土居がやってきてよかったメンタルトレーニングを紹介していきました。

以前、土居ブログでもお伝えした【目標設定シート】です。

大谷翔平選手が高校時代からやっていたということでご存知の方もいるかと思いますが、土居はこれを始めて1年半。
少しずつですが自身のバドミントン成績が向上していることや旅の直前に県社会人で初めて2位入賞できたことは、この目標設定シートおかげであることを確信しております。

【これは沢山の方に勧めたい】と想いを込めて各学校でご紹介していきました。

また土居は、全国での成績や過去の栄光がある選手だったってわけではなく、中学校から部活でバドミントンを始めて地元で地味にやってきた一般的なタイプのプレーヤーです。

ですが、そんなプレーヤーでもバドミントンを仕事にできたことや今もなお年代別の大会で上を目指しているスタイル、目標を持つことの大切さや願いは叶うという考え。

きっと土居から皆さまに伝えらえること、伝わることってあると思います。

今後の旅でも土居はこれまでの経験やこれからの考えをお伝えしていって、出会った皆さまのバドミントンライフに役立てて頂けたらと思っております。

話は戻りますが

五島市では福江島・奈留島含めて今回ご紹介した以外にも沢山バドミントンをするところがあるみたいで、当初の話【交流・合宿】には抜群の場所だと思いました。

ですが、

せっかく交流や合宿で五島に行くのなら、観光や食事だってエンジョイしたいですよね?

この1週間、色々と食べ歩き観光に回り、五島市のマストスポットを沢山見つけることができました。

次のブログ【観光編】では土居イチ押しの五島スポットをお伝えしていきます。

北九州のバドミントン・コミュニティをお探しなら!
NPO法人 TOTOS北九州
北九州市小倉南区日の出町1-2-3
TEL 070-6597-4504 / FAX 093-961-4511
info@totos.or.jp  http://www.totos.or.jp/
個人に合わせたコースと指導スタイルで、初心者の方はもちろん、プロ志望の方にもバドミントンを楽しんでもらえます。受講をご希望の方はお気軽にご連絡ください。
» 受講を希望する

カテゴリー: バドミントン一人旅 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

見学・または入会をご検討中の方はこちら

 

このページの先頭へ

©2019 北九州のバドミントン・コミュニティ NPO法人 TOTOS北九州