北九州でバドミントンのできる場所をお探しの方へ | NPO法人 TOTOS北九州

 

バドミントン 北九州 TOTOS北九州のブログ

TOTOS土居のバドミントン一人旅inフィリピン・セブ島

TOTOS土居のバドミントン一人旅!4月29日~5月3日

3作目、今回の旅は

たまたま激安チケットをゲットできたことから初の海外進出です。

セブ島の情報サイトから現地で会社経営されているバドミントンプレーヤーの芳賀さんをご紹介していただいたことから旅のプランが始まっていきました。

4月30日土曜日13時

芳賀さんが練習をされている【メトロスポーツセンター】というバドミントン専用体育館を訪問しました。

DSC_0147

場所はセブの中心街、ITパークの近くで

近隣には企業団地をはじめ大きなホテルや大型ショッピングモールなどがあるなかにバドミントン専用体育館があるのです。

フィリピンではバドミントンは人気スポーツのひとつと聞いていましたが、

中心街に体育館があるってことはやはりそういうことなのだと感じました。

体育館はフィットネスジムが併設されており、1階が3階まで吹き抜けで12面張られたコート

コート脇の2階3階スペースがフィットネススペース

バドミントンコートは1コートずつ貸しきる形で各団体が利用している模様でした。

DSC_0150

常駐しているコーチ?だと思います。ジュニア初心者教室をやっていたり

DSC_0149

学校の部活動で利用していたり。

見た感じ小学生かと思いますが空気穴のないラケットカバーをつけて楽々打ち返していたのにびっくりしました。

DSC_0160

大人のグループがゲーム練習していたり。

芳賀さんたちのグループは日本人が中心で練習しているとのことで健康づくりを目的に週に1度集まってバドミントンを楽しんでいるとのことでした。

DSC_0154

みなさん、セブに来てバドミントンを始めたとのことで、どこか日本の型にはまった感がなく個性溢れるプレーは、一緒にプレーさせてもらってとても新鮮な感覚でした。

【セブ島に旅行に来てここ(バドミントン)に来る人も珍しいですね】

なんて言われたりもしましたが

なんと以前、私と同じように旅をしながらバドミントン交流を楽しんでいるという方が参加されたとのことです。

ちなみにその方は、世界シニアで優勝された経験のある実力の持ち主だとか。

その方曰く

【ラケットとシャトルがあれば言葉はわからなくてもなんとかなる】

まったく同感です笑

是非その方に一度お会いしたいですね。

DSC_0158

記念に写真撮影していただきました。

ラインで連絡をまわしながらメンバーが多いとき、少ないときあるみたいですがダブルスゲームを中心に練習されているみたいです。

皆さまもセブ旅行の際はラケット持参でいかがでしょうか?

芳賀さん達は15時過ぎまでで練習をひと段落。

私はセブ島に来てからの強烈な暑さに少しお疲れ気味になりましたが、まだ時間も余裕があることから

【せっかくだから現地の方ともやってみたい】

芳賀さんにお聞きしたところ、ここでは飛び入りの参加も寛容に受け入れてくれるとのことで

体育館受付スタッフに片言英語で尋ねてみることにしました。

【私、日本人、私、バドミントンしたい、参加!】

これだけの単語でもスタッフさんは私の気持ちを察してくれた模様で

快く紹介してくれてフィリピン人グループに入れてもらうことに成功しました。

DSC_0188

フィリピンの方、今まで考えたこともなかったのですが色々な方がいるみたいです。

私が入れてもらったグループには

いかにも東南アジアな方
どうみても日本人にしかみえない方
欧米系な方

でも、みなさんフィリピン人みたいでした。

さて、そんなフィリピンのプレーはというと

私がやったプレーヤーの皆さんの共通項では

・ラリーが長い
・ドロップやロブを多様し相手を動かす
・トップよりもバックが得意な方が多い

そんなことを感じながら試合をしていきましたが

日本との急激な気候の変化、暑さについていけずにお疲れ気味になりました。

17時でノックアウト。

するとグループを取り仕切っていた男性から

【月曜日17時にまた練習においでよ】

練習のお誘いを頂きました。

といっても、月曜日・17時・OK?という単語だけが聞き取れただけなのですが、心で通じています笑

日付が変わって

5月2日・月曜日の17時30分

あらためて体育館に出向きました。私にとってセブ島でのラストナイト。そしてラストバドミントン。

【なぜ約束時間を30分も遅刻しているの?】

今までの経験上、こういった場合に17時ちょうどに行くと

・誘ってくれた方がまだ来ていない
・それどころか誰も来ていない

こういうパターンが多いので、あえて今回はそれを見越して遅刻していきました。

そうしたらやっぱり、来ていないのです笑

仕方ないから、体育館の受付で今日も片言英語で飛び入り参加したい旨を話すと、たまたま30日の私が練習をしているときに違うコートでやっていた方が承諾してくれて練習に参加させてもらうことになりました。

それが写真の私の隣のバスさんというセレブ感漂う女性。

DSC_0186

バスさんは【健康のため】といいながらも毎日練習に打ち込んでいるとのことで

とにかくラリーが繋がるんです。
そして、いやなところに攻められる。

かなり、体力を消耗させられました。

フィリピンの方は、積極的に話しかけてくれます。

一緒にダブルスを組んだケン
将来は銀行勤務希望の女子大生(名前を聞きそびれました)

自分は英語ができないことがとても申し訳なく、なんとかグーグル翻訳を頼りにコミュニケーションを図っていきました。

21時前。

最後の試合を終えて4人で記念撮影。

DSC_0190

いい笑顔です。

毎回、旅の終わりの別れ際や最終ゲームのときは寂しい気持ちになりますね。

でもおかげでとても楽しいバドミントン一人旅になりました。

さて、セブ島ではバドミントンだけでなく、観光ももちろん楽しみました。

次のブログでは観光目線からのセブ島一人旅をお伝えします!

北九州のバドミントン・コミュニティをお探しなら!
NPO法人 TOTOS北九州
北九州市小倉南区日の出町1-2-3
TEL 070-6597-4504 / FAX 093-961-4511
info@totos.or.jp  http://www.totos.or.jp/
個人に合わせたコースと指導スタイルで、初心者の方はもちろん、プロ志望の方にもバドミントンを楽しんでもらえます。受講をご希望の方はお気軽にご連絡ください。
» 受講を希望する

カテゴリー: バドミントン一人旅, みんなのブログ, 土居のバドミントン活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

北九州のバドミントン、国際交流なら/トトスのスクール事業

  • 契約選手
  • 実業団
  • 諸外国との定期交流
  • バドミントン藍島初心者コース
  • 車いすバドミントン体験コース
  • 障がいをお持ちの方へ
  • レク・スポ・コンパ
  • レク・スポ・フレンズ
  • チャリティ・バドミントン大会
  • バドミントン訪問サービス「出張TOTOS」
  • バドミントン用具収集活動

NPO法人 TOTOS北九州

北九州市小倉南区日の出町1-2-3
TEL 070-6597-4504
FAX 093-961-4511
info@totos.or.jp

個人に合わせたコースと指導スタイルで、初心者の方はもちろん、プロ志望の方にもバドミントンを楽しんでもらえます。受講をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

» お問い合わせフォーム

※定休日の場合は翌営業日対応となります(日・月・祝日、GWまたはTOTOSが定める日)

見学・または入会をご検討中の方はこちら

 

このページの先頭へ

©2019 北九州のバドミントン・コミュニティ NPO法人 TOTOS北九州