北九州でバドミントンのできる場所をお探しの方へ | NPO法人 TOTOS北九州

 

バドミントン 北九州 TOTOS北九州のブログ

第8回バドミントン一人旅in五島(福江島・奈留島)を考える


昨年の喜界島で砂浜トレーニング・海辺での朝練習に気持ちよさを感じてから【よし今年も!】と意気込んで走った2日目だったのですが、なんだか今回の旅には合わないイメージ。

【一旦落ち着こう】【ここでしかできないことをもっと探してゆっくり今を感じては?】

3日目からは朝の散歩や街歩きに切り替えてゆっくりと目の前の景色を眺めていきました。

ちょうどお盆の時期の旅。

長﨑ではお盆を大切にする風習が今もなお色濃く残っているようで、テレビでは精霊流しのニュースを頻繁に見ました。

五島では【ちゃんここ】と呼ばれる初盆の家々を供養する風習をよく目にしたりお墓参りに行く家族連れ、またたまたま見かけたどのお墓にもお供え物の花が手向けられておりました。

夕暮れ時、街歩きをしてみると

お盆の提灯を玄関に吊るしている家々、親戚が集まる様子、食事を作る音や臭い、線香の香、花火の音など以前は自分も体験していたはずであろうお盆のひとコマ。

五島の方々の生活感を見て、

何やってんだろうな・・・

自分の愚行を省みます。

五島に来て感じたのですが、明らかに自分自身の表情が穏やかになってました。

TOTOS専従を目指して事業の再編に取り組んだ5年前。

20代から30代前半のハードだった下積み次第の暮らしぶりを振り返り、のんびりとしたペース、スローライフなバドミントン事業を心がけようと始めたTOTOSの各事業だったのですが

いつのまにやら下積み時代と変わらないタイムスケジュールをこなしていました。

もちろんその成果もあってバドミントンの色々な事業に携わることができて感謝なのですが、反面段々とコミュニケーション不足に陥りとっつきにくい人間になっていってたことは否めません。

五島市ではバドミントン関係者以外にも沢山の方々と出会うことができました。

その中で

【あ、この人のこの雰囲気、きっと自分てこんな感じでTOTOSにいるんだろうな】

決して悪い方々ではなかったのですが最初の印象が、そう感じさせます。

今までは

【この人のこの雰囲気すごいな、マネしたいな】

そう思ってモチベーションが上がることはあったのですが、まさに逆バージョン。

自分の至らなさをダイレクトに感じこれはマズいと・・。

この他にも五島滞在中に感じたことは日々メモに残していきました。

その中のひとつ。

社会人クラブ・ファミリーズの代表を務めているイデグチさん。

ペアを組ませてもらって若手強豪ペアとダブルスゲームをしました。

イデグチさん

とっても熱い方、そしてバドミントンが好きな方なんだろうなって伝わりました。

自分も一緒になってラリーして、楽しさを共有して。

久々にエンジョイしたバドミントン、発散したバドミントンができました。

この感覚もずいぶんと忘れてました。

8/5県社会人では自身初の県大会入賞に喜び、泣き、歓喜の宴となりましたが、あの試合全て振り返ると相手とのコミュニケーションを忘れ、険しい顔つきでただ自分との戦いみたいにラリーしてたようにしか思えません。

相手とのコミュニケーションを感じて試合に臨めているときは変に緊張したりすることもないのですが、今回は初戦からガッチガチに・・・

決勝の古賀さんとの対戦では

古賀さんが【土居さん楽しみましょう!】と話しかけてくるのに対して【古賀さん、楽しいっすね】と険しい顔して話していたこと、失笑してしまします。

心底楽しいなんて思えてなく、ボロボロの体を引きずり【苦しい】が本音の状況でした。

前述したこと、そしてこの件を併せて思うのが

トータルでバドミントンを楽しめていない自分がそこに居ました。

スローライフなバドミントンを。

そして

バドミントンをエンジョイできる環境を。

TOTOSの各事業でも、自分自身のバドミントンライフでも。

五島市バドミントン協会競技部の増田さん。

五島市のあらゆるバドミントンプレーヤーを把握している方で小中高校生の多くが増田さんが指導に関わっているとのことでした。

増田さんの暖かく学生の皆さんを見守っている感がとても印象的で、自分もこんな雰囲気になりたいなと思った次第でした。

こうやって自分を省みるばかりだった五島一人旅でしたが、各学校の部活にお邪魔して一緒に練習したりコーチングしたりするなかで、以前の自分を取り戻せた感覚を味わうこともできました。

休み明けからは徐々に自分を取り戻していき、そしてさらに新しくバージョンアップした自分自身を見出していきたいと思います。

バドミントン一人旅8回目はこうやって幕を閉じました。

旅は土居にとって必要不可欠です。これからもずっと旅して世界中を回っていきたいです。

来年GW時期の9回目は再びパラオ・・・ですね。

パラオ普及活動2年目の年になります。本格的な普及には莫大な費用が必要なため今できる普及活動は何なのか現地と打ち合わせしながら進めていきたいと思います。

そして、さらにできればパラオ帰りにグアムを経由してフジヤマさんが運営するバドミントンクラブに参加できればと考えております。

来年夏期10回目のアニバーサリーでは、どこでしょうか。

暑いばかりの夏ではなくて涼しい夏も感じてみたい。

まだ行っていない東北・北陸・北海道の離島もありですね。

離島地域のバドミントン団体さまを探して、来年もTOTOS土居はどこかに向かいます。

明日からはTOTOS通常通りの活動が始まります。

スローライフなバドミントン。
エンジョイできるバドミントン。

そんなTOTOSと自分を目指してこれからも頑張ります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

北九州のバドミントン・コミュニティをお探しなら!
NPO法人 TOTOS北九州
北九州市小倉南区日の出町1-2-3
TEL 070-6597-4504 / FAX 093-961-4511
info@totos.or.jp  http://www.totos.or.jp/
個人に合わせたコースと指導スタイルで、初心者の方はもちろん、プロ志望の方にもバドミントンを楽しんでもらえます。受講をご希望の方はお気軽にご連絡ください。
» 受講を希望する

カテゴリー: バドミントン一人旅, 考える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

北九州のバドミントン、国際交流なら/トトスのスクール事業

  • 契約選手
  • 実業団
  • 諸外国との定期交流
  • バドミントン藍島初心者コース
  • 車いすバドミントン体験コース
  • 障がいをお持ちの方へ
  • レク・スポ・コンパ
  • レク・スポ・フレンズ
  • チャリティ・バドミントン大会
  • バドミントン訪問サービス「出張TOTOS」
  • バドミントン用具収集活動

NPO法人 TOTOS北九州

北九州市小倉南区日の出町1-2-3
TEL 070-6597-4504
FAX 093-961-4511
info@totos.or.jp

個人に合わせたコースと指導スタイルで、初心者の方はもちろん、プロ志望の方にもバドミントンを楽しんでもらえます。受講をご希望の方はお気軽にご連絡ください。

» お問い合わせフォーム

※定休日の場合は翌営業日対応となります(日・月・祝日、GWまたはTOTOSが定める日)

見学・または入会をご検討中の方はこちら

 

このページの先頭へ

©2019 北九州のバドミントン・コミュニティ NPO法人 TOTOS北九州